会長挨拶

写真  この度、岩崎勝彦前会長の後を受けて会長を務めさせていただくことになりました。
 私は同窓会の役割は多くの人を集め、お互いの交流を深め、人脈をつくり、同窓会自体の基盤を強化し、母校に貢献することだと考えます。その同窓会の現状は、この2〜3期、維持会員(維持会費納入者)は1,000人に満たず必ずしも基盤が強化されているとは言えません。
 そこで第47期は「如何に人を集め、維持会員を増やすか」を根底におき、岩崎前会長から発表されている「第47期事業計画」に基づいて同窓会の基盤強化を推進してまいりたいと考えております。

1 本部・支部間の連携
 私は常々、支部活動の活性化こそが同窓会発展の根幹をなすものであると思っています。今期は本部常任理事の中に、支部長および支部長経験者も含まれており、本部とは十分連携を図ることができるのではと思っております。支部活動の活性化を通じて、また、新しい支部の設立も予定しており維持会員の増加に繋がるよう推進します。

2 同期会・支部傘下の瑞穂会・各OB会の設立推進・平成年代卒業生の同窓会への参加
 第46期より50年代同期会、瑞穂会の設立の推進を行っていますが、今期は特に体育会OB会、CUC会計人クラブ、教育研究会、中小企業診断士研究会、平成年代卒業生の参加を人脈を通じ図り、同窓会に若い活力の導入と維持会費納入というのが狙いです。

3 大学とのコミュニケーション
 大学及び同窓会の発展は共に強力なコミュニケーションがなければなりません。特に大学の同窓会担当窓口との話し合い、相互協力が必要です。学生にも目を向け同窓会の良さを説き、また、当大学卒業の職員にも積極的に同窓会参加を呼びかけ、維持会費納入に繋げたいと思います。

4 最後に
 同窓会の基盤を強くしないと大学への大いなる貢献を図ることはできません。
 最初に述べましたように「人を集め、維持会員を増やす」を念頭に抱き、今期は各項目の推進を図ります。同窓会のみならず世の中、人脈は大変重要な要素です。幸いなことに副会長はじめ、各委員会委員長、常任理事の皆様は同窓会においては強力な人脈を持っておられる方ばかりなので、それぞれご尽力をいただき、同窓会の基盤の強化を目指してまいりたいと思います。

 同窓会の皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。

千葉商科大学同窓会会長 勝田 啓示

▲ページトップに戻る