TEL&FAX:047-371-2665開室:原則9:00~14:00(閉室:土日祝)

第49期事業計画

自 平成30年10月1日
至 平成31年9月30日

 同窓会の役割は、多くの人に参加していただき、交流を深め、人脈をつくり、同窓会自体の基盤を強化し、究極の目的は母校に貢献することであると考える。
 第49期は「基盤の強化」を重点目標とし、維持会員の増加、活力ある同窓会を推進し、大学・教育後援会との連携強化を図り、創立90周年を迎えた母校に募金の協力を実施する。

<重点目標>
1 基盤の強化
具体策
①維持会費の納入促進
 一人一名作戦の実施(役員)-新規
 支部総会時・文書等での依頼-継続
 本部体制の充実・強化(委員会分掌規程の把握、予算会議の実施)


②本部・支部の連携
 本部:情報提供 メディア掲載記事、大学・同窓会情報(きずな)提供、支部定期総会参加
 支部:情報提供 定期総会案内、支部会員の叙勲等表彰者、社長就任者

③支部・同期会・瑞穂会等の結成推進
 支部(九州・近畿地区・東海北陸地区フォロー)・瑞穂会(昭和50年代卒同期会)-継続

④大学との連携
 ☆本部定期総会開催
 ☆懐かしき想い出工房等イベントの実施
 ☆卒業祝賀会の実施
 ☆交流会・趣味の会の実施
 ☆同窓会サロンの活用-小委員会の利用、同窓生・学生が気軽に立ち寄れる雰囲気づくり
 ☆無駄の排除-常任理事会・理事会、各委員会等の通知は極力メール、FAXで行い効率良い事務処理を推進する。

2 大学・教育後援会との連携
 大学、教育後援会と同窓会の会合の実施、情報交換、大学執行部の支部定期総会への出席

3 会則・選挙管理規程の見直し委員会の設立

4 同窓会創立50周年記念事業実行委員会の設立

5 母校創立90周年記念事業募金の協力

↑ PAGE TOP