神奈川県支部

◀支部のトップページに戻る

支部規約

第1章 総 則
第1条 本会は、千葉商科大学同窓会神奈川県支部と称する。
第2条 本会は神奈川県内居住又は勤務する同窓会員相互の親睦を図り、本部及び母校との連携を密に
   し、会員並びに母校の発展に寄与することを目的とする。
第3条 本会の事務所は神奈川県内に置く。

第2章  会 員
第4条 本会の会員は次の三種とする。
    1.正会員  千葉商科大学(巣鴨高等商業学校及び巣鴨経済専門学校を含む、以下同じ)
          の卒業者。
    2.準会員  千葉商科大学に1年以上在学した者で、正会員2名以上が推薦し、役員会に於
          いて承認した者。
    3.特別会員 千葉商科大学の現・旧教職員。
第5条 会員が本会の品位と名誉を損なう行為をした場合は、役員会の決議に依り除名することが出
   来る。

第3章 役 員
第6条 本会に次の役員を置く。
    1.名誉支部長  1名
    2.支部長    1名
    3.副支部長   若干名
    4.幹事長    1名
    5.副幹事長   若干名
    6.監事     2名
    7.幹事     若干名
第7条 役員の選出は次の方法による。
    1.支部長・副支部長・幹事長・副幹事長・監事は、総会に於いて正会員の中から選出し、
     幹事の選出は支部長の委嘱に依る。
第8条 幹事は会員の中から幹事長の推薦に基づき、支部長が委嘱する。尚幹事の中に専任の会計幹
   事を置く事が出来る。
第9条 役員の任務は次の通りとする。
    1.支部長は本会を代表し、会務を総理する。
    2.副支部長は支部長を補佐し支部長に事故ある時は、これを代行する。
    3.幹事長は支部長並に副支部長を補佐し、幹事会に於ける会務処理に当る。
    4.副幹事長は幹事長を補佐し会務処理に当る。
    5.幹事は各々担当を通じ会務に参画する。
    6.監事は本会の会計を監査し総会に報告する。
第10条 役員の任期は2ヶ年とする。
    1.役員に欠員が生じた場合、補欠員の任期は前任者の残任期間とする。
    2.役員の再任はこれを妨げない。
    3.役員は任期満了後も、後任者が就任するまではその任に当る。
    4.支部長は必要に応じ、名誉支部長を置く事が出来る。名誉支部長は第6条の役員待遇と
     する。
    5.支部長は必要に応じ、相談役を置く事が出来る。

第4章 会議
第11条 本会は、毎年1回定期総会を開催し、会務及び会計の報告、役員の選出及び承認、会則の改
   正、其の他本会に関する重要事項の議決を行う。定期総会は支部長が招集する。
第12条 支部長は必要により役員会の議を経て、臨時総会並に幹事会を招集する事が出来る。
第13条 役員会は全役員で構成し、次の部門を設けて業務の執行其の他緊急事項の処理に当る。
    1.企画・広報…各種原案の作成及び会誌、名簿、事業報告等の広報活動。
    2.渉外…運営を円滑にする為の本部、母校及び其の他の外部との連絡折衝。
    3.会計…本会の会計業務の担当。
第14条 役員会は支部長が招集する。但し役員の半数以上の要求があった時は、支部長は役員会を
   招集しなければならない。会議の議長は支部長が此れに当る。
第15条 議事は出席者の過半数をもって議決する。賛否同数の時は議長が決する。
第16条 会議の議事に就いては議事録を作成し、議長は出席者の中から2名の署名人を指名して、其
   の者の記名捺印を得た上で、支部長が保管する。
第17条 支部長は支部活動推進上、各種の委員会を設ける事が出来る。委員会委員長には役員が就
   き、委員は支部長が会員の中から委嘱する。

第5章 会 計
第18条 本会の経費は会費、寄付金、本部の補助金、其の他の収入で支弁する。
第19条 正会員及び準会員は年会費として、金2,000円を納入するものとする。
第20条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終る。

第6章 付 則
第21条 本規約は、昭和57年4月1日から実施する。
第22条 本規約の改正は、総会に於いて出席会員の3分の2以上の同意で決する。
第23条 本規約に定めのない事項に付いては、役員会で決める処に依る。

▲ページトップに戻る