千葉県支部

◀支部のトップページに戻る

支部会則

第1章 総 則
第1条 本会は、千葉商科大学同窓会千葉県支部と称する。
第2条 本会は、千葉県居住の同窓会会員相互の親睦を図り、本部及び母校との連絡を密にし、会員並
   びに母校の発展に寄与することを目的とする。
第3条 本会の事務所は、支部長宅に置く。

第2章  会 員
第4条 本会の会員は、次の3種とする。
  (1)正会員  千葉商科大学学部卒業者(旧巣鴨高等商業学校および同巣鴨経済専門学校を含
         む。以下同じ)及び大学院修了者並びに千葉短期大学卒業者
  (2)準会員  千葉商科大学に2年以上在学した者で正会員3名以上が推薦し役員会において承
         認した者
  (3)特別会員 千葉商科大学の現・旧教職員及び千葉短期大学の旧教員
第5条 本会の会員が本会の品位と名誉を損なう行為をした場合には、役員会の決議により除名する
   ことができる。

第3章 役 員
第6条 本会に次の役員を置く。
  (1) 顧問・相談役   若干名
      顧問は、原則として支部長経験者から委嘱する。
  (2) 支部長    1名
  (3) 副支部長   若干名
  (4) 幹事長    1名
  (5) 副幹事長   若干名
  (6) 幹事     若干名
  (7) ブロック長  5名
  (8) 地区リーダー 若干名
  (9) 会計監事   2名
第7条 支部長・副支部長・会計監事は、総会において正会員の中から選出する。
第8条 顧問・相談役は、会員の中から役員会の推薦により支部長が委嘱する。
第9条 幹事長・副幹事長は役員の中から役員会の推薦により支部長が委嘱する。
第10条 幹事は、県北・県西・県央・県東・県南の5ブロックから若干名を選出し支部長が委嘱す
   る。
第11条 ブロック長は、会員の中から役員会の推薦により支部長が委嘱する。
第12条 地区リーダーは、幹事の中から役員会の推薦により支部長が委嘱する。
(役 割)
第13条 支部長は本会を代表して会務を総理する。
   2  副支部長は、支部長を補佐し支部長に事故あるときはこれを代行する。
   3  顧問・相談役は、支部長の諮問に応える。
   4  幹事長は、事務局の外、支部長・副支部長を補佐し会務の処理にあたる。
   5  副幹事長は、幹事長を補佐し会務の処理にあたる。
   6  幹事は、
     (1)委員会を通じて会務に参画すると共に幹事会の運営にあたる。
     (2)ブロック長の指示の下で、交流会、支部忘年会等のブロック活動に協力し支部活動に
       参画する。
   7  ブロック長は、相当ブロック内の会員への啓蒙・情報収集と報告を通じ会務に参画する。
   8  地区リーダーは、ブロック長を補佐し担当地区内の会員への啓蒙・情報収集と報告を通じ
    会務に参画する。
   9  会計監事は、本会の会計を監査する。
(任 期)
第14条 役員の任期は、2年とする。但し、欠員が生じた場合の補欠員の任期は、前任者の残任期間
   とする。
   2 役員は、再任されることを妨げない。
   3 役員は、その任期満了の後でも、後任者が就任するまではその任にあたる。

第4章 会 議
第15条 本会の活動の為、次の会議を置く。
     1 定期総会
     2 幹事会
     3 役員会
(定期総会)
第16条 本会は、毎年1回定期総会を開催し、会務及び会計の報告・役員の選出及び承認・規則の改
   正・その他本会における重要事項の決議を行う。
   2 定期総会は、支部長が招集する。
第17条 定期総会のほか、支部長は必要により役員会の議に基づき臨時総会を招集することができ
   る。
(幹事会)
第18条 幹事会は、全幹事で構成し、役員会から提出された原案を協議し総会に提出する。
   2 幹事会は、支部長が招集する。
(役員会)
第19条 役員会の強化を図るため、「通常役員会」「役員ブロック長会議」「拡大役員会」の3種類
   を設ける。
   (1)通常役員会
      支部長・副支部長・正副幹事長で構成し、人事を含め支部事業全般の活動に係わる基本
      的な事項の協議・決定を行う。
   (2)役員ブロック長会議
      通常役員会の構成員にブロック長を交え、通常役員会で決定した重点事項について、意
      見交換と最終決定を行う。
   (3)拡大役員会
      役員・ブロック長会議構成員に、顧問・相談役・会計幹事・地区リーダーを加え、事業
      計画の進捗状況を説明し活力ある支部活動を推進する。
(委員会)
第20条 副支部長のもとに、次の委員会を設け業務の企画原案・執行その他緊急事項の処理にあた
   る。
   2 委員会は、副支部長・正副幹事長・幹事(除く地区リーダー)で構成する。
   3 支部長は、必要に応じて各委員会に参画することができる。
    (1)企画委員会
       事業計画・事業報告の作成、定期総会の企画及び支部活性化に関する事項。
    (2)広報委員会
       支部会報の企画・編集、ホームページの更新・会員名簿の整理及び支部活動に関する
       広報活動。
    (3)渉外委員会
       運営を円滑にする為の本部・母校及びその他外部との連絡、折衝並びに支部行事の
       運営。
    (4)会計委員会
       本会の会計業務の担当。
第21条 役員会は、支部長が招集する。但し役員の半数以上の要求があった時は、支部長は招集し
   なければならない。
第22条 会議の議長は、支部長とする。
    但し、支部長に事故あるときは、副支部長がこれにあたる。
第23条 会議は、出席者の過半数を以って議決する。賛否同数のときは、議長が決する。
第24条 会議の議事については、議事録を作成し、議長は出席者の中から2名の議事録署名者を指名
   し、その者の記名捺印を得たうえで支部長が保管する。

第5章 会 計
第25条 本会計の経費は、会費・寄付金・その他の収入で支弁する。
第26条 正会員及び準会員は、年会費として金2000円を納付するものとする。
第27条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

第6章 規則の改正
第28条 本規則の改正は、総会において出席者の3分の2以上の同意で決する。

第7章 補 則
第29条 本規則に定めない事項については、役員会で定めるところとする。

付則
  1 本規則は、昭和47年10月29日から実施する。
  2 本規則は、昭和52年4月10日から改正実施する。
  3 本規則は、昭和55年7月19日から改正実施する。
  4 本規則は、平成8年2月24日から改正実施する。
  5 本規則は、平成10年2月24日から改正実施する。
  6 本規則は、平成17年7月2日から改正実施する。
  7 本規則は、平成19年7月8日から改正実施する。
  8 本規則は、平成20年7月5日から改正実施する。
  9 本規則は、平成21年7月4日から改正実施する。
 10 本規則は、平成24年7月7日から改正実施する。

▲ページトップに戻る